© 2017by URANAImimicOKINAWA Wix.com で作成されました。

自分を誤魔化すということ

August 29, 2017

 

 

 

こんばんは、mimicです


「新しい仕事が難しく辞めようか迷っている」

「好きになれる人がいない」

「周りはみんな既婚者で」



今日は、

こうした悩みを抱く心理的な側面について

いっしょに考えてみましょう

 

 

 

バーグラスという心理学者が

次のような実験をしました




難しい課題をしてもらう際、

被験者に以下の薬のどちからを

飲んでもらうのです


A:一時的に能力を高くする薬

B:一時的に能力を低くする薬



(その中身はどちらも水)



さて、

課題の結果はどうだったでしょう

 

 

 

難しい課題に自信がない人ほど、

Bを選んだのです



理由はお分かりですね、



たとえ失敗しても、

Bを飲んだせいにできるからです

 

 

 


仕事や課題、勉強など

結果を出さないといけないとき



人は傷つくのが怖くて

言い訳をすることがあります



自分の能力が公に試されるとき、

わざと低く公言しておいて

失敗したときの恥を和らげる


そうしたちょっとズルい心理が

働くのです



 

 

 

 

先ほどの仕事が「難しい」というのは

難しい(やりたくない)という

めんどうを避ける気持ちです


「好きになれる人がいない」のは

相手からも大して好かれていない現状を

異性のせいにする心です


「周りは既婚者ばかりで」は

モテないことや人脈のなさを環境のせいに

して現状に納得するのです



このように、

周囲も自分も納得できるもっともな

理由を作り、ダメでもいいように

あらかじめ予防線をはってしまいます



 

 

 

 

先ほどの仕事が「難しい」というのは

難しい(やりたくない)という

めんどうを避ける気持ちです


「好きになれる人がいない」のは

相手からも大して好かれていない現状を

異性のせいにする心です


「周りは既婚者ばかりで」は

モテないことや人脈のなさを環境のせいに

して現状に納得するのです



このように、

周囲も自分も納得できるもっともな

理由を作り、ダメでもいいように

あらかじめ予防線をはってしまいます

 

 


人間は追い込まれると

驚くべき力を発揮します


この力こそ、

潜在意識が発動した状況です



状況を克服していくには

「自分に自信を持ちなさい」

とあらゆる人や本は述べます


 

 

 

人間は追い込まれると

驚くべき力を発揮します


この力こそ、

潜在意識が発動した状況です



状況を克服していくには

「自分に自信を持ちなさい」

とあらゆる人や本は述べます


 

 


出来なかった自分を

恥ずかしく思う必要はありません



なぜなら、

出来なかったときの恥ずかしさが

言い訳の引き金になるからです



だれだって出来ないこともあるし

出来ることもあるのです

 

 

 

 

 

言い訳を使うと、

等身大の自分が見えなくなることを

忘れてはなりません


そして、何よりもこの行為は、

現実の自分にウソをついているのです




挑戦する人からは、

強い大きなエネルギーが出ています

彼らは自ら変化することを恐れません



もしも、

人を引きつけたいとか必要な出来事を

引き寄せたい方は参考にされてください


参考:ゆうきゆう先生 マンガで分かる心療内科「わたしバカだから」という人の正体

✨同じテーマ

愛されること

取り柄

引き受ける



◆ご予約・お問合せ◆

オンライン予約をご利用ください

お急ぎのご予約はお電話にて承ります→07054036474

※PCメールを受取らない設定の方が多いようです。ご予約の際は設定をお確かめくださいませ。
※新規のお客様へ※ キャンセル事項をお読みになりご依頼ください。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

September 8, 2017

August 23, 2017