• Kaoru Muramatsu

運の大法則

最終更新: 9月4日

江戸時代の観相学の大家、水野南北という人は、運が上向きになっても食べ物を変えない、美食にはしらない人は、運に持続性があることを発見しました。


それまでは、「どんなに顔の相が良くても貧乏になったり、不幸に見舞われる人がいる」ことから、鑑定が100%当たる自信はなかったそうです。そして、研究を重ねて得たのが「食生活」でした。

晩年の南北は、鑑定に訪れた人びとに、食生活を必ず聞きました。そしてアドバイスしたといいます。


© 2017by mimiOKINAWA Wix.com で作成されました。